診療内容・予防接種・乳幼児健診・小児循環器・アレルギー 柏市の小児科キッズクリニック

完全予約制

完全予約制
当院は完全予約制です。
診療予約はお電話にてお問い合わせください。

【電話受付】
月〜金 9:00~18:30
土   9:00~13:00
日曜・祝日休診

tel 04-7170-3535

キッズクリニックは、乳児健診・予防接種される方と心臓病や喘息等のアレルギー患者様など、感染症に非常に弱い人を診るためのクリニックです。

予防接種

予防接種は、感染症にかかる前、適切な月齢で接種することが極めて重要です。任意接種も含め、お子様を守るための予防接種を行います。

予防接種時には必ず母子手帳をお持ち下さい。
母子手帳をお忘れの場合は接種できませんのでお気をつけ下さい。

乳幼児健診(乳幼児の発達)

お子様の成長、発達に関する疑問にお答えし、経験にもとづいた助言をいたします。
乳幼児健診は、月齢ごとに起こりやすい病気や発達の問題点を早期に見つけ、治療・対応する上で適切な時期に行うことが重要です。

小児循環器疾患

心雑音の診断

心雑音は正常児でも聴かれます。しかし、原因が重症の心疾患で早期に処置が必要な場合もあり、心雑音が唯一の診断の手がかりのこともあります。超音波診断を行うことにより、多くの重症心疾患を除外診断できます。こどもの心臓の超音波診断は、検査に習熟した小児循環器を専門とする医師が行うことにより、信頼性のあるものになります。

不整脈の診断

院長は学校検診での心電図読影に長年かかわってきました。問題のある不整脈か否かを診断します。

アレルギー疾患

気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などの疾患に関して、ご心配な方のご相談にのり適切なアドバイス、診断、加療を致します。

花粉症の治療について

当クリニックでは、『2020年版 鼻アレルギー診療ガイドライン』に準じた花粉症の治療を行っております。

0~4歳で 3.8% 、5~9歳で 30.1% 、10~19歳で 49.5% の方がスギ花粉症といわれています。

早めの治療がおススメです!

  • 花粉症の治療は、「症状が悪化する前」、つまり「花粉が本格的に飛散する前」から治療を始めるのがおススメです!
  • 花粉が飛散した後でも、少しでも症状が軽いうちに治療を始めると、症状を軽くし、点鼻薬や点眼薬などの使用頻度が少なくなります。

花粉症の症状は?

くしゃみ、鼻水、はなづまりが典型的な症状で、目や鼻をかゆがったりすることもあります。

花粉症の診断は?

花粉症の症状の有無や診察結果から診断します。アレルギー症状を引き起こす原因(アレルゲン)を特定するために、ご家族と相談の上、血液検査(スギなどの血清特異的IgE検査)を行うことがあります。

花粉症の治療方法は?

1)(スギ)花粉の除去と回避

スギ花粉がたくさん飛散する時間帯のお出かけは控えましょう

2)薬による治療

抗ヒスタミン薬

くしゃみや鼻水の改善にとても効果があります。

抗ロイコトリエン薬

鼻づまりにとても効果があります。飲み始めて1-2週間後に効果が出てくるので継続することが大切です。

・・・飲み薬の他、点鼻薬や点眼薬も併用して治療することがあります。

3)その他の治療

舌下免疫療法

からだをアレルゲン(スギ花粉)に慣らして、症状を和らげたり、根本的な体質改善が期待できる治療法です。
スギ花粉が飛んでいない時期に治療を開始します。

花粉症について分からないことや、治療についてのご相談・ご要望などがありましたら、お気軽にお尋ねください。

血液検査

長期的な症状のあるお子さまには、検査が必要なことがあります。症状に応じて検査することが出来ます。